頭を動かすとめまいを感じる原因と改善法

memai3

頭を動かすとめまいを感じる原因

めまいにはぐるぐると目が回るような回転性のめまいと、クラクラやフワフワするような動揺性めまいと大きく分けて2種類あります。

頭を動かしたときのめまいは回転性めまいが多く見られます。

 

回転性のめまいが起こってしまう原因

回転性のめまいの多くの原因は耳にあるのです。

あとは、少数ですが、脳が原因で回転性のめまいが起こることもあります。

 

回転性めまいには「良性発作性頭位めまい症」というのがあり、「頭を動かしたときのみ起こるじっとしていると30秒ほどで止まる」、等の症状があればまず、良性発作性頭位めまい症が疑われます。

耳が原因で起こるめまいで最も多いのが良性発作性頭位めまい症で、その原因は耳の中にある三半規管の耳石が移動することによって三半規管を刺激するから起こるという説があります。

 

他には「前庭神経炎」の障害によっても起こります。

この症状では、回転性のめまいが突発性に発症し、強い回転性めまい感が数時間続く症状です。

その時、耳鳴り、難聴を伴わないのが特徴でメニエール病と鑑別されています。

通常めまい発作は1回で、激しいめまい発作時には嘔吐、嘔気を伴います。

原因は分かっておらず、ウイルス等が感染したのが原因だと考えられています。

 

次に紹介するのが「メニエール病」です。

メニエール病の特徴は、繰り返すめまいに難聴、そして耳鳴りを伴うものです。

めまいと言えばメニエール病と言われるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。

内耳を満たしている内リンパ液が過剰になり内耳リンパ水腫の状態になるとメニエール病が起こると考えられています。

しかし、この内リンパ水腫がなぜ起こるのか、正確な原因は分かっておらず、ストレスが関与しているといわれています。

 

めまいの改善法

  • 安静にする

突然めま